固定電話でも、携帯電話でも鑑定時の通話料が無料!!

霊感占いオシラ様 > 霊能者紹介 > 婆娑羅(ばさら)霊能者

ばさら婆娑羅霊能者

[男性霊能者]

鑑定歴
15年
予約ID
3016
鑑定料金
20分間6,000円/以降毎分300円(いずれも税別)

受付より

鋭い霊感と卓越した霊視能力を使って出来事の裏面に隠された重要な情報を読み取り、お客様にご提示いたします。男性ではありますが、女性の恋愛問題に対して造詣が深く、三角関係や略奪愛など人間関係の入り組んだ悩みについても高い解決率を誇っています。貴女がどのように考え、どう行動すれば愛の勝利者となることができるのか、そのため様々な秘訣を惜しみなく助言してくれます。

特殊霊能力

東北伝統霊媒術・霊視・霊感・透視・未来予知

対応可能な相談内容

恋愛に関わる問題。片想いの成就。二股恋愛。不倫愛の解決。復活愛成就。略奪愛。結婚に関わる問題。婚期の予測。異性と出逢う機会を創り出す。家庭の問題。夫婦関係のトラブル。離婚問題。復縁。親子関係。人間関係の改善。仕事の問題。金銭問題。開運に関わる問題。総合的な運気の診断。人生相談。

解決の得意な相談事

  1. 略奪愛や三角関係、不倫など複雑な恋愛事情が絡んだ問題

  2. 仕事運に関する運気の上昇

  3. 人間関係のトラブル

霊能者からのメッセージ

私自身は東京生まれなのですが、母方の曾祖母に当たる人が青森にてイタコを生業としておりました。そんな私が『霊感占いオシラ様』で電話鑑定業務に携わっているというのも、何かのご縁ではないかと思っております。鑑定では霊媒術の類を用いることはほとんどありませんが、生き霊、守護霊などのメッセージを間接的な形でお伝えすることは可能です。鑑定の際には貴女のご希望をお気兼ねなくおっしゃってください。誠心誠意を尽くして願望成就のお手伝いをさせていただきます。

霊能力鑑定体験談

真夜中に突然、部屋のドアをノックされ、開けてみたら誰もいなくて…。

【千葉県松戸市 優菜さん(25歳)】
この前、とても不可解なことがあって、原因を知るために『霊感占いオシラ様』の婆娑羅先生の鑑定を受けました。「真夜中に突然、玄関のドアがノックされたのです。ドアスコープから外を覗いてみたのですが誰も立っていませんでした。その晩、同じ事が数時間のうちに五回以上もあって最初は誰かの悪戯かなと思ったのですが、そんな悪戯をしても大して意味があるとは思えないし、第一、時刻が時刻だし何だか気味が悪くて……」私が自分の体験した出来事を一通り語ったところ、先生は唐突に驚くようなことを口にしました。「貴女が故郷で仲よくしていたお友達が亡くなっています。その方の魂が、自分が死んだことを貴女に知らせに来たのです」私は先生の言葉がにわかに信じられず、鑑定の電話を切るとすぐ実家に連絡しました。すると母が電話に出て、挨拶もそこそこに先生が言った通りのことを話し出したのです。「あんたが高校時代に仲よくしていたA美ちゃんね、病院で亡くなったんだよ。急性の病気だったんだって……」母に詳しい事情を聞くと、友人が生死の境を彷徨っていた時間と私のアパートのドアがノックされた時刻は見事に重なっていました。「A美ちゃん……死ぬ前に私に会いたかったんだ……」私は電話を掛けながら大泣きしてしまいました。世の中には常識では計り知れないことがあることを、身をもって体験しました。

夫が異常な寝言を口走るようになりました。
原因を知りたくてご相談しました。

【長野県長野市 初子さん(31歳)】
夫のことが恐くて、婆娑羅先生にご相談しました。恐いというのは彼の寝言なのですが、夜中に急にベッドの中で唸りだしたかと思うと、一心不乱に般若心経を唱え続けるのです。最初は悪戯かと思って「馬鹿なことやめて!」と言いながら揺り起こしたのですが、夫はそれまで本当に眠っていました。以後、同じ事が毎晩のように繰り返されるようになり、とうとう堪らなくなって専門家の助けを借りることにしたのです。「それは旦那さんが無意識のうちに霊と戦っているのですね」開口一番、先生はそうおっしゃいました。「私が遠隔から見たところ、旦那さんには数体の不成仏霊が取り憑いています。最近、彼はお墓に行かれていますよね?」「はい、先月、最近病気で亡くなった大学時代の友人のお墓参りに出掛けました」「そのときに墓地を浮遊していた霊に憑依されてしまったのです。このままでは早晩、旦那さんだけではなくご家族にまで不運な現象が引き起こされますから、今、この場で私が祓ってしまいましょう」先生の提案で私は電話での祈祷を受けることになりました。不思議なことに鑑定を受けた晩から夫の異常な寝言はピタリと止んだのです。それにしても家の夫、霊に取り憑かれやすい体質なのでしょうか。彼の今後が心配です。

霊感占いオシラ様 所属霊能者のご案内




ページの先頭へ