固定電話でも、携帯電話でも鑑定時の通話料が無料!!

霊感占いオシラ様 > 霊能者紹介 > 西野美哉子(にしのみやこ)霊能者

にしのみやこ西野美哉子霊能者

[女性霊能者]

鑑定歴
17年
予約ID
3006
鑑定料金
20分間5,000円/以降毎分250円(いずれも税別)

受付より

イタコと並ぶ東北伝統の霊媒師であるオカミサンの血筋を色濃く引き継いだ、天性の霊媒師です。父母両家の祖母が共に有名なオカミサンという稀有な家庭環境に育ち、自らも幼い頃から鋭い霊感を発揮していた生粋の霊能者です。当時、同居していた父方の祖母は西野霊能者の特別な才能に目をつけて霊能者としての英才教育を施しました。そのおかげですでに中学生の頃には、学業の傍ら人々の悩み相談に乗る立場となるほど。的中率が非常に高いことから顧客も多く、非常に多忙な方ではありましたが、無理を承知で電話鑑定の業務をお願いしたところ快く承諾していただき、現在は『霊感占いオシラ様』専属の霊能者として相談に当たられています。

特殊霊能力

東北伝統霊媒術・霊視・霊感・未来予知・波動修正

対応可能な相談内容

恋愛に関わる問題。片想いの成就。二股恋愛。不倫愛の解決。復活愛成就。略奪愛。結婚に関わる問題。婚期の予測。異性と出逢う機会を創り出す。家庭の問題。夫婦関係のトラブル。離婚問題。復縁。親子関係。人間関係の改善。仕事の問題。経営の指針。適性と適職の診断。学業の悩み。総合的な運気の診断。人生相談。

解決の得意な相談事

  1. 片想いや復活愛における相手の心情と状況の察知

  2. 不倫の方向性を導く

  3. 未来に起きる出来事の予測

霊能者からのメッセージ

霊能者として身を立てようと考えたのは十代半ばの頃でしょうか。当時から私は今も現役のオカミサンである祖母の仕事をサポートする形で、お客様の悩み相談に乗っていました。その頃は年配の方の人生相談がほとんどでしたが、『霊感占いオシラ様』で電話鑑定をするようになってからは二十~三十代女性の恋愛相談に接する機会が急激に増えました。中でも片想いと復活愛の悩みが多いことには驚かされました。当初はお客様が打ち明ける悩みの内容の過激さに戸惑うこともしばしばありました。しかし今では、ようやく恋愛の悩みやトラブルを解決するための最適な霊視法をわかり、恋愛成就した多くのお客様から感謝の言葉もいただけるようになりました。一人でも多くの女性を幸福にするという意味で、この仕事には大きなやりがいを感じています。鑑定を申し込んでいただいた際は、全身全霊をもって問題解決に努めますので、今後ともよろしくお願いします。

霊能力鑑定体験談

転職先の職場環境が酷くて…。
もう一度、転職し直せないかどうかを見てもらいました。

【東京都中野区 華野さん(30歳)】
西野先生に転職の相談をさせていただいた者です。おかげさまで条件の良い会社に入社することができ、毎日が充実しています。元々、私は中堅の出版社に新卒採用されたのですが、運悪くそこの会社が潰れてしまい、某編集プロダクションへ転職した過去があります。そのプロダクションの労働環境がまた最悪で、サービス残業で毎日終電ギリギリまで働かされて、しかも給与は遅配続き。身も心もボロボロになり二度目の転職を真剣に考えていました。そんなとき西野先生の鑑定を受け、何とかもう一度転職し直せないかとお訊きしたところ、「貴女が持っている名刺を出してきて、ひとつずつ読み上げてください」と言われたのです。私は首を傾げながら言う通りにしました。そして十数枚目の名刺にある会社名と人物名を読み上げたとき、「そこです。そこへ行けば雇ってもらえます」と言われました。翌日、半信半疑でその会社に電話をして、以前に取材させてもらった担当者を呼んでもらったところ、向こうから「ウチの会社で働く気はありませんか?」と誘われてしまいました。私は今、そのIT関連企業で広報の仕事をしています。以前の会社と比べると給料は二倍で残業は皆無。まさに天国のような職場です。先生、ありがとうございました。このご恩は一生忘れません。

友人からパワーストーンをプレゼントされたのですが、その日から不幸なことが起き始め…。

【静岡県静岡市 律夏さん(26歳)】
二十六歳の誕生日に占い好きの友人からアメジストのペンダントをプレゼントされたのですが、その日を境に不運な出来事が続けて起きるようになりました。突然、家族が病気になったり、親しい友人が事故に遭ったり、私自身も交際していた恋人と理由もなく大喧嘩をしてしまい別れ話を切り出されたり……とにかく、良いことがひとつもありませんでした。友人を疑いたくはなかったのですが、もしやパワーストーンが強力なマイナス波動を放っているのではないかと考え、霊感占いオシラ様の西野先生に判定していただくことにしました。「ああ、見えます。花形の台座に載ったオーブ型のアメジストのペンダントですね」まったく伝えていない形状を、瞬間的に霊視で言い当てました。さらに先生は、「んん、なるほど……確かに凄いマイナスの気ですね。ただ、ペンダント自体は新品で、お友達が変な念を込めたわけではありません」とのこと。先生のお話では、このペンダントが店頭に並んでいたとき、それを購入予約した女性がいたが直後に交通事故で不慮の死を遂げてしまい、彼女の未練の波動がパワーストーンに憑いているのだというのです。「早急にお祓いが必要ですね。というか、すぐに手放してお寺か神社にお預けになるべきです」私はすぐ先生の指示に従いました。するとその晩のうちに恋人の彼から謝罪の電話が来ました。パワーストーンって人間の念を反映するってよくいわれますが、とくに他人にプレゼントするときにはその出自なども調べておく必要があるのだなと今回の体験を通して実感しました。

霊感占いオシラ様 所属霊能者のご案内




ページの先頭へ