固定電話でも、携帯電話でも鑑定時の通話料が無料!!

霊感占いオシラ様 > 霊能者紹介 > 黎峰(れいほう)霊能者

れいほう黎峰霊能者

[女性霊能者]

鑑定歴
12年
予約ID
3011
鑑定料金
20分間5,000円/以降毎分250円(いずれも税別)

受付より

どんな霊でも自由自在に降ろすことができる高度な霊能力を持った一流の霊媒師です。しかも、その性格はとても温和でおっとりとしており、人当たりも大変ソフトなので、多くのお客様に人気があります。霊感占いに慣れていない方でも安心してご相談いただけると思います。鑑定の流れとしてはまず、お客様の悩みをじっくりとお聞きした上で霊視や口寄せなどを適宜に執り行い、現在の状況や相手の気持ちを明らかにします。助言に際しても、どうすればお客様が幸せになれるのかを多方面から検討し、最善の行動指針を打ち出してくれます。

特殊霊能力

東北伝統霊媒術・霊視・霊感・透視・霊聴・霊眼・言霊・波動修正・守護霊および背後霊との交信

対応可能な相談内容

恋愛に関わる問題。片想いの成就。二股恋愛。不倫愛の解決。復活愛成就。略奪愛。結婚に関わる問題。婚期の予測。異性と出逢う機会を創り出す。家庭の問題。夫婦関係のトラブル。離婚問題。復縁。親子関係。人間関係の改善。仕事の問題。経営の指針。適性と適職の診断。進路問題。金銭問題。開運に関わる問題。総合的な運気の診断。人生相談。

解決の得意な相談事

  1. 恋愛問題全般の悩み解決

  2. 守護霊のアドバイスに基づく人生相談

  3. 仕事運の向上

霊能者からのメッセージ

同じ女性の立場から、どうすれば貴女に愛の幸福が訪れるのかをできるだけ詳しく具体的にお話ししてまいりたいと考えております。恋愛や結婚というのは女性にとっての人生の一大事です。決して投げ遣りな気持ちで相手と関わるようなことはなさらず、まずは私の鑑定を受けて客観的な状況を十分に把握してください。その上で告白やアプローチなどの行動に移っていただきたいと思います。貴女が幸せになることを、私は心より願っております。

霊能力鑑定体験談

再婚相手との相性を見ていただきました。
「運命の人です」と言われ、安心できました。

【奈良県奈良市 紀里子さん(37歳)】
二十代の前半で一度結婚したものの三年で離婚、以来独身を貫いてきたのですが、つい最近新しい恋人ができ、その人との間で結婚の話が出てきました。正直に言って私は再び結婚生活を始める自信がなく、相手の男性に対しても内縁関係では駄目なのかと聞いたのですが、彼はどうしても正式な結婚にこだわっているようで、何とか折り合いをつけることはできないかと思い、黎峰先生の霊能力を借りることにしました。相性診断を兼ねた霊視で、「貴女と相手の男性、私が見る限り夫婦として最高の相性ですよ。この方となら間違いなく死ぬまで添い遂げられます。なぜならこれは貴女と彼、双方の家系のご先祖筋が合意の上で紡ぎ出された赤い糸の縁だからです。貴女は一度、結婚に失敗していらっしゃるので尻込みされる気持ちもわからなくはないですが、実際には何の心配もありません。安心して入籍してください」と先生に言われ、ようやく決心がつきました。私、もう一度、結婚生活というものをやり直してみます。そして今度こそ幸せになります!

仕事がきっかけで不思議な男性と知り合いました。
彼のことを霊視してもらいました。

【千葉県千葉市 美弥さん(26歳)】
私は営業の仕事をしているのですが、ある会社を訪問したときに不思議な男性と出逢いました。元々、霊感などはないはずなのに、なぜかその人の姿の後ろにうっすらとしたオーラのような光が見えるのです。その光の正体が知りたくて、心霊系の相談もOKな霊感占いオシラ様の黎峰先生にお訊ねしてみました。「それは相手の魂が貴女を呼んでいるのです。つまりその男性は赤い糸で結ばれた運命の人だということです」先生にいきなりそんなことを言われ、思わず面食らってしまいました。第一、私はその男性に対して憧れや恋愛感情というものは全く感じられず、今後も感じるようになるとはとても考えられなかったからです。しかし、先生の透視霊能術が正確であったことは、その後ほどなくして証明されました。やはり営業の業務で例の男性と再び逢ったとき、向こうから食事に誘われたのです。(好みのタイプじゃないし、イヤだな……)心の内ではそう思ったのですが、気がつくと知らぬ間に頷いている自分がいました。そして今、私は彼とお付き合いを始めています。不思議なことに、逢う度に彼を想う気持ちが強くなっていくのです。運命の相手というのは、自分が理想とする異性とはまた別の存在なのですね。外見や社会的地位や表面的な性格を超えて、無条件で魂が惹かれてしまう……。それが本当の愛であると知りました。

霊感占いオシラ様 所属霊能者のご案内




ページの先頭へ