固定電話でも、携帯電話でも鑑定時の通話料が無料!!

霊感占いオシラ様 > 霊能者からの伝言 > 霊能者公開インタビュー > #04亜津音先生

霊能者公開インタビュー

インタビュー#04 


亜津音先生

── 先生はイタコとして、長く経験を持っておられるとか。そもそもイタコになるための修行とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

ひと言で言いますと、自分自身の“魂を磨くこと”でしょうか。清く、そして強く、己の魂を磨いて鍛えるのです。魂が清くなることで霊界とつながりやすくなり、死者の声を聞くことが出来るようになり、その霊を憑依させる霊媒術を行うことが出来るようになるのです。また己の魂が強くないと、不浄な念や悪意を持った霊、または生に対する未練を持った死者の霊を降ろしたとき、自分の魂が負けてしまうことになります。魂を磨くためには、ひたすら祭文を唱えて一般的に言うトランス状態に入り、その中でも自我を失うことなく霊体と向き合えるように意識を保ち続け、耐久性を高めていきます。

── なんだか聞けば聞くほど、過酷と言いますか凄い世界なのですね。

確かにそう思えるかもしれませんね。ですが実際には、屋内であれ屋外であれ、祭文を唱えているだけのときなどは地味に見えるかもしれませんよ。護摩を焚いたり、火の上を歩いたり、そんなことはしていませんから。

── 先生の鑑定を受けた方も、先生に降霊をしてもらったことで悩みが解消したとおっしゃいます。

昨今増えているかな、と感じているご依頼に、「気になっている彼の気持ちを知りたい」というお悩み相談があります。自分から好きな気持ちを打ち明けても、彼が良い返事をしてくれるとは限らない。そもそも、彼が私のことをどう思っているのか知らないし、叶う望みが薄いのなら、告白しないまま忘れてしまっても良いかなと思っている人もいらっしゃるようで。そこでまずは彼の本心を知り、その先の行動を決めたいといった相談です。

── そこで彼の霊を降ろすのですね。

はい、いわゆる生き霊を呼び寄せ、私の肉体に降ろす霊媒術を行います。時折訊かれるのですが、生きている人の霊体を降ろしている間も、その人自体は普通に日常生活を送っています。つまり彼の霊体を降ろしますが、彼にはそのことを感付かれることはありませんし、霊体になにかしらの質問をしても、そのことを霊体は記憶することもありません。まったく彼に知られることなく、彼の本心、気持ち、感情、そして二人の相性などを知ることが出来ます。もっと言いますと、彼自身も気付いていない彼の本心や願望、嗜好を知ることになるかもしれません。それくらい霊体を降ろすと言うことは、真実を知ることとイコールなのです。

── もうひとつ。先生は復縁も得意とされていますね。

はい、切れた縁の再生も得意です。同じく、元彼の生き霊を口寄せして、なぜ以前の関係が終わってしまったのか、どうすれば今度は上手くいくのか等を霊体に尋ねます。そして今、誰かと恋人関係になっているのかどうか、そもそも元彼と連絡を取り合っていない場合は今相手がどこにいるのかから、まずは聞き出して縁を修復させていきます。もちろん、強烈な思念で復縁を拒否してくるケースもあります。その場合は、無理に復縁へと導くことなく、別の良縁との未来を相談者の方に届けるように致します。霊体や魂が拒絶している場合、強引に気持ちを引き寄せても結局は長続きしませんから。なにより私どもが願うのは、相談者の方の最高の幸せですから。

亜津音先生の詳細を見る>>



ページの先頭へ